#hayanoquizへのベスト解答投票(問題14)

n

n

n

【医療関係者必修】I-131,なぜ牛乳なのか.牛肉はどうか.即答してください.
  • ヨウ素は水溶性であるため、牛乳に蓄積するのでは? それに対して牛肉には蓄積しづらい。
  • 摂取したI-131は急速に体内に吸収されるため、急激に血中濃度が増加する。血中に移行したI-131は、24時間後にその多くが甲状腺で吸収され、残りは代謝されて尿中へ排泄される。 血中濃度は24時間後には著しく低下することから、摂取直後の乳汁には移行するが、筋および脂肪には蓄積しない。また、半減期が8.1日であることから、たとえ筋および脂肪に移行しても、牛肉の流通時には問題とならない。 注:データは、医療用I-131カプセル剤ラジオカップ3.7Mbqのインタビューフォームを参考させていただきました。同インタビューフォームでは、甲状腺での吸収は20?30%とありましたが、これはヒトのデータと思われますので、今回のウシの場合には採用しませんでした。)
  • I-131は水溶性で血中に取り込まれる為、牛乳の方が優位に検出できる。その後、甲状腺に取り込まれるもの、尿中に排泄されるものがあるため、牛肉には取り込まれない
  • 「調べた結果」厚生労働省の原子力施設等の防災対策について(リンク先PDF)の付属資料12を読むと「穀類、肉類等を除いたのは、放射性ヨウ素は半減期が短く、これらの食品においては、食品中への蓄積や人体への移行の程度が小さいからである。」と書かれている。つまり、牛が放射性物質を摂取してから人に移るまでの期間が、乳は短く肉は長いため、差異が儲けられているらしい。あとは、蓄積のしやすさとかも関係しているらしいが、定量的な資料は不明。
  • そもそもヨウ素は甲状腺に貯まりやすく,筋肉である牛肉はあまり関係がない さらに,牛乳は血液から直接作られる,ヨウ素は水に溶けやすく,摂取されたヨウ素は一度血液に溶けて運ばれるので,牛乳は牧草から摂取したヨウ素を直接反映する. その上牛乳はヨウ素等の栄養素を濃縮する作用があるので,ここで得られる値が低ければある程度は安心できるという意味でも調べておくことは重要だった
  • ヨウ素は反応しやすくて水に溶けやすいから、牛乳にはすぐ出てくる。 牛肉ならば、ちょっと待てばヨウ素の壊変は終わるんではないか。
  • 牛乳は毎日摂取する食物であり、牧草を食べた牛の体内でヨウ素が濃縮され、速やかに排出されるため、放射性ヨウ素の影響が速やかに出て、物理的半減期による減衰があまり期待できないため。牛肉には比較的ヨウ素が蓄積しにくいこと、牛がヨウ素を摂取してから人間に食物として摂取されるまでの時間の期待値が長いため、物理的半減期による減衰が期待できるので、現時点で牛乳より影響度が低いと考えられる。
  • ヨウ素は水に溶け込みやすいため、牛乳から検出される。体内に取り込まれた場合は甲状腺付近に集まるため、「牛肉」からは検出されない。
  • 環境中に暴露されたI-131は大気中に飛散したあと降下し、牧草などに付着する。これを乳牛が食べる。甲状腺などに吸収されなかったI-131が最終的に乳という経路を通って体外排出される。経路的には牧草→腸管吸収→リンパ・血液→乳腺→体外排出となる。牛肉にはI-131は蓄積せず、また過剰分のヨウ素は牛乳や尿によって体外排出されていると考えられるため、牛肉は問題なしと判断する。
  • ヨウ素は水溶性であるため、大部分が水分である牛乳に含まれやすいといえる。牛肉もゼロではないが、水分量が少ないため蓄積しにくい。
  • I-131は水溶性のため、まず血中に分布し甲状腺に集積、あるいは尿、汗、唾液、乳汁等に分泌される。この家庭で生物学的濃縮が起こるため、 ウシの飼料と比較してキログラム当たりの放射能は増加していると考えられる。 筋肉には分布している血液量に応じてI-131が分布すると思われるが上記と比較してわずかであるため問題にならない。 加えて、131-Iの半減期が8日と比較的短いことを考慮すると、牛乳は被曝後比較的短期間で採取→飲用のステップを踏むのにたいし、食肉とした場合には加工の過程を要する分、摂取まで時間がかかりその間に減衰している点もあげられる。
  • I-131は水溶性で血中に取り込まれる為、牛乳の方が優位に検出できる。その後、甲状腺に取り込まれるもの、尿中に排泄されるものがあるため、牛肉には取り込まれない
  • 半減期8日であることを考えれば,消費者の手元に届くまでに牛肉からの放射線量は無視できる程度になっている. 脂溶性である.生物濃縮が起こりやすい.
Total Votes: 79 Started: March 20, 2011 Back to Vote Screen

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください